2009/8/25

アミラーゼと唾液の関係  アミラーゼ

アミラーゼは、唾液との化学反応により食物だけを変化させる触媒の働きをし、アミラーゼ自身の性質は変化しません。

唾液中に含まれるアミラーゼは、食べ物が口の中に入った際、デンプンを麦芽糖に変えるのを助けますが、
さらに、十二指腸・小腸といった内臓ではブドウ糖に変え、さらに低分子化します。
いずれも、食べ物を吸収しやすくするための作用です。

アミラーゼは、唾液中の他にも膵臓・小腸・肝臓・乳腺・甲状腺・脂肪組織などから分泌されます。



>>アミラーゼに関する情報はこちらです。

1

2009/8/25

唾液中のアミラーゼとは?  アミラーゼ

唾液中のアミラーゼは消化酵素の一つで、大変重要な役割を果たします。
人が摂取した栄養分は、炭水化物分解酵素やたんぱく質分解酵素、脂肪分解酵素などに分解されますが、
消化酵素アミラーゼは、食べ物を分解し、体内に吸収しやすくする働きを持ちます。

食べ物を口にすると、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「うま味」を感じることができますね。
よく噛むと甘味を感じるものがありますが、これはアミラーゼの働きによるものです。
ご飯などに含まれるデンプン質が、ブドウ糖に変化すると、甘味を感じます。
食べ物を良く噛めば噛むほど、アミラーゼは分泌され、消化は良くなってきます。
「よく噛んで食べる」とは、ただ単に噛み砕くということではなく、実際に体内に吸収しやすい状態にすることなのです。
0

2009/8/25

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ