2011/10/12 | 投稿者: モッチー

パタゴニア(Patagonia)は、登山用品やサーフィン用品、キャンプなどのアウトドア用品の衣類品を主に製造するメーカーです。

私も大学生の頃からキャンプなどのアウトドアにはまり、毎年の夏には
海辺や山にキャンプをするのですが、その時にパタゴニアは大活躍します。

生地がしっかりしてるので防寒にも優れていて、夜冷え込んだ時にも足元も温かで冷えることもありません。

その為私は夏のみならず冬の雪が降ってるような時期でさえもスノーキャンプに行くこともあるんですよ。
0

2011/10/11 | 投稿者: トラベル好き

移動が多い旅行やホテルなどに荷物を長時間預けられないような旅行の時は
出来るだけバックパックが良いと思います。

バックパックで有名なブランドは、カリマーグレゴリーミレーグラナイトギアなど。

バックパックは荷物が背中にピッタリくっつくので好みがはっきりすると思います。

しかし私は東南アジアなどの方に旅行に行く時は、出来るだけバックパックで行くようにします。

道もボコボコ道が多いから
コロコロ転がすキャリーバッグは移動しにくいことも多いから。
0

2011/9/29 | 投稿者: きらり

雪山に行く人や雪が多く降る地域に住んでる人はmsr スノーシューATLAS スノーシューTSL スノーシューなどを履くと雪に足をとられず楽に歩くことが出来ます。

ただしスノーシューと一口に言っても色々なタイプがあるので使い分けることが必要です。
スノーシューにはウォーキングモデル、トレッキングモデル、ランニングモデルがあり普段の生活をしてる人ではウォーキングモデルで十分です。

それ以外に気をつけることは身につける人の体型に合わせて正確に選ばなければいけません。

身長や体重に合ったラインを選ばないと上手く靴に装着出来ないこともあるかもしれません。

私は色々調べた結果msr スノーシューを購入することにしました。
0

2011/9/20 | 投稿者: アメ―

ゴーライトのテントは他のテントとは少し違った形をしていて全体的なラインが山のようなとがった形をしています。

ゴーライト シャングリラはシングルポールが多く、特にゴーライト シャングリラ3ゴーライト シャングリラ5は設営も簡単で軽量化されています。

簡単で4シーズン利用出来るので雪山でも利用することが出来ますよ。
0

2011/9/8 | 投稿者: くらら

登山を始めて数年が経ちますが、何個かあるテントの中で一番使いやすいものはヒルバーグにように思えます。

山は地上と違い天候が変わりやすく、気温の変化も急に起こるため常に服装や装備には気をつけなければいけません。
特に風の吹き方はきつく、風速1mで体感気温が1℃も下がるので休憩の時にテントの中に雨風が入っていては体力の回復につながりません。

ヒルバーグのテントは、完全防水で軽量化されているのでどんなに強風がふいても吹雪いてもしっかり居住性をキープしてくれます。

雪山でグローブを脱がなくても組立られるようなヒルバーグ ウナヒルバーグ アラックヒルバーグ ソウロのように自立式テントは素早く組み立てるには必要ですね
は組立に慣れてないような人でも簡単に素早く作業が進みます。


この前は一人で雪登山に行きましたが、その時は、ヒルバーグ アクトのダブルウォールテントでしっかり休憩取れました。

子どもとキャンプに行く時はコンパクトにまとめられるヒルバーグ タープが大活躍しますよ。
0




AutoPage最新お知らせ