2012/3/19

ガウジオら多くの  

実際にW杯1次GL敗退や予選敗退が続いていたので、とうとうイタリアサッカ
ー協会は外国人選手との新規契約を禁止し、これは1970年代を通して続くこと
となる。ユベントスの1970年代は第三期の黄金期にあたり、国内で着実にNo.1の
地位を固めていった時代だといえよう。ベッテガ、ゾフ、シレア、ジャンティーレ
、タルデッリ、ガウジオら多くのイタリア代表選手を有し、国内リーグ優勝5回、
国内カップ優勝1回、そしてクラブ初の国際タイトルとなったUEFAカップでも優勝
を成し遂げている。1968年からチームに加わり1973年まで所属したドイツ代表ヘ
ルムート・ハーラーや、すでにイタリア国籍を取得していたブラジル人FWアルタ
フィーニら一部の例外を除いて、当時のユベントスは全てイタリア人選手で構成
されていた。ライバルチームも同様であり、代表選手の多いユベントスが国内タ
イトルを独占したのはある意味で必然だったといえるかもしれない。




原発沖海水 セシウム58倍にも
肉腫に光 世界初ゲノム創薬へ
ロシアの火星探査機 失敗か
宇宙発電 京大が伝送施設公開
震災前 ラドンガス濃度に変化
iPS技術、肝臓病の遺伝子修復
震災で血圧上昇、4週間続く
米大使 Twitterで捕鯨問う
光速超え本当なら時間旅行も
長周期地震動 発表方法を議論

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ