情報言語学研究室

 

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hagi
【資料説明】
『光明真言圡沙勧信記』〔一二二八(安貞二))年写〕
明恵房高弁(一一七三(承安三)~一二三二(貞永元))の著作。自筆。本書は明恵の信奉し実践していた、光明真言によって加持された土砂の効能を人々に勧めるために著されたもの。その自筆稿本の上巻と別記が本文庫に蔵される(本影印)。明恵の根本伝記『高山寺明恵上人行状』により著述の経緯及び日時が明らかになるが、本編は上下二巻あったことになり、現存本は下巻を欠くことになる。高山寺旧蔵。別記の紙背文書「嘉禄三年具注暦」も併せて収録。〔大東急記念文庫善本叢刊中古中世篇(14)伝記・願文・語学等〕
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ