プレゼンティズム  

『プレゼンティズム』という言葉をきいたことありますか?

会社に出勤しているのにうつ病やアレルギーや腰痛などで頭や体が動かず、生産性が低下してしまうことをいいます。

(常習的に重病などで欠勤するのは『アブセンティズム』)


企業の健康対策に詳しい東京医科歯科大学の川渕孝一教授によると、
「体調が悪く、本来の能力を発揮できないプレゼンティズムの社員が増えている」そうです。


米国での調査によれば、うつ病で7.6%、偏頭痛や腰痛では5%近く仕事の効率が落ちるそうです。
米国全体の経済損失は年15兆円にのぼるといいます。


予防のために運動を促す日本企業も増えてきています。
タニタが歩数計を全社員に貸与しているのもプレゼンティズム防止のためです。
これも↓↓↓
クリックすると元のサイズで表示します



バランスのとれた食事や運動が業務効率性や生産性の向上につながります。
それをお手伝いするのが、させぼ健康クラブです!!

今日も「腰が楽になった」といっていただきました。
みなさん、一度気軽にためしに来てくださーーーい♪
クリックすると元のサイズで表示します
0



2013/10/2  18:59

投稿者:豆

ドワンゴは女子マネージャー導入して朝から体操させよるよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ