2009/9/4

発毛剤をランキングや口コミで比較してみる  発毛剤シャンプー比較

発毛剤をランキングや口コミで比較してみる

発毛剤ランキングで現在人気がある商品は何でしょうか?やはり、発毛剤として定番化しているものは気になります。あるランキングによると、リョウガが長い間一位の座をキープしているようです。他にはマイベーレンなども人気のようですね。

それでは、発毛剤の主成分を比較してみますと興味深いデータがあります。リアップは有名なミノキシジル、佐藤浩市さんのCMでおなじみカロヤンは塩化カルプロニウム、ヒノキチオールなど。薬用紫電改はオイゲニルグルコシド、ジアルキルモノアミン誘導体など。薬用毛髪力はペンタデカン、ビタミンE誘導体などが含まれており、インセントはショウキョウチンキやセンブリ抽出液などです。サクセスはt-フラバノンが主成分のようですね。

見てみると、各発毛剤で、共通するものもありますが、結構それぞれ違う成分が含まれているのですね。各発毛剤が個人に合う、合わないということもありそうです。発毛剤に関する口コミ情報を見てみると、様々な意見がありますね。
0

2009/9/4

発毛剤の役割  発毛剤シャンプー比較

発毛剤の役割

発毛剤の役割とは発毛剤は、どのような成分が入っていて、どのような作用をわたしたちの髪にもたらしてくれるのでしょうか。ある発毛剤は、薄毛や脱毛の原因といわれているリダクターゼから防ぐ役割があるといいます。また、毛細胞の増殖を促進することによって発毛を狙うものもあるようです。また、ビタミンEなどの血行促進成分を含んでいることもあり、頭皮の炎症を抑える成分なども入っているものもあるようです。

また、髪の毛の周期の中で退行期に入るのを遅らせるという作用を持つものまであるそうです。「髪が生える」ってどういうこと?髪の毛が生えるという現象は、どういう仕組みになっているのでしょう。

まず、髪の毛というものは、おおまかにいって、出ている部分が毛幹、頭皮下の部分が毛根と呼ばれています。さらに毛根の下の部分でふくらんでいるところが毛球、さらに手球の下のくぼんでいるところを毛乳頭といいます。
0

2009/9/4

ベースのサプリメントに目的に応じたサプリメントを追加  サプリメントアドバイザー

ベースのサプリメントに目的に応じたサプリメントを追加

他にカルシウムやオメガ3脂肪酸、食物繊維など現代人が不足しがちな栄養素など、基
礎となるサプリメントは、「誰もが摂りたい基本のサプリメント」で紹介しています。基本のサプリメントで土台作りをした上で、目的に応じたサプリメントを追加するのが、摂取方法の王道です。

現代人の食生活には問題が山積みです。環境の悪化や農業の方法の変化で、野菜等に含まれる微量栄養素は減少しています。加工食品は栄養を壊す成分が含まれています。重金属や化学物質が含まれている場合も少なくなく、多量に摂取すると身体に有害な場合もでてきます。食事指導で、必要な微量栄養量を摂ろうとしたら、肥満を招いてしまったという笑えない話もあります。

現代人の食生活は欧米化などにより高脂肪、高カロリー食になっています。今まで以上に代謝のためのビタミン、ミネラルが必要となっています。ビタミン&ミネラルはストレスや喫煙などでも失われてしまいます。

0

2009/9/4

サプリメントとして何を摂るか  サプリメントアドバイザー

サプリメントとして何を摂るか

サプリメントは食品ですから、特に決まった摂り方があるわけではありません。しかし適切かつ効果的な摂取方法はあります。必要とされる栄養素も各人の体質やライフスタイルで変わってきます。それぞれの栄養素、サプリメントの働きを参考に選び、自分の身体と会話しながら摂取することが大切です。

食事で3大栄養素---タンパク質、炭水化物、脂肪---に加えて、ビタミン&ミネラル、食物繊維、6大栄養素をバランス良くしっかり摂ることが基本です。身体をつくるタンパク質や、生命活動のエネルギーとなる炭水化物(糖質)、脂質は、ビタミンやミネラルが補酵素として働くことで、初めて身体をつくったり、エネルギーとして利用可能となります。ところが現代人に、このビタミン&ミネラルの「栄養不足」が指摘されています。

またビタミン、ミネラルは相互に関係して働くので、単一の成分だけ摂っても効果を期待しにくかったり、低い関連した成分のレベルまでしか働かないということもあります。日常の健康維持ではマルチビタミン&ミネラルの形で網羅的に摂るのが効果的といわれます。

0

2009/9/4

肥満外来を受診すべき人  肥満の手術治療

肥満外来を受診すべき人

それでは肥満外来に来て内臓脂肪を調べるべき方としては、

1)腹囲がどんどん増えてきている。(男性で85cm以上、女性で90cm以上)
2)人間ドックや健診で、血中のコレステロール、中性脂肪、尿酸、血糖値が高い、あるいは高血圧がある。
3)ウェストの数値を身長で割ってみて、結果が0.5以上の方(内臓脂肪型肥満の可能性大です)
4)お腹が出ているのに、皮下脂肪を少ししかつまむことができない。
5)男性は30歳代から要注意です。女性は閉経後からが要注意です。
6)BMI(体格指数)が25以上で、明らかに肥満体型である。

と、言うわけで、基本的に若い痩せ細った女性は対象外です。BMIが18.5以下で明らかに痩せすぎなのにさらに痩せたいと思うのはどういう訳なのでしょう。マスコミによる激やせ崇拝や、痩せたひとしか着られない服を作るメーカーも悪いのですが、世界でも、こんなに痩せ願望の強いのは日本だけだそうです。日本人しっかりして欲しいものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ