Oh My Giulia 5

アルファロメオ2000GTV(ジュリア)との生活日記

 
                  

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おかんの頭の頭
フジさん
そーでしたよね〜
確かに仰るとおりタペットクリアランスをつめると上は回らないですが、ハンターはどノーマルでクリアランス開き過ぎで出足が鈍ってました。
出足勝負なので・・・・・

ナンダカンダ言いつつカブ系E/g数台目の私、ほんと傑作だと思います。
投稿者:フジ
懐かしいですね。
カブ系のヘッドからのオイル滲みは定番ですね。圧縮を上げると余計に…
タケガワかどっかから強化スタッドボルトが出てたと思いますが高くて買えず中古のブロックから長いボルトだけをかき集めて(抜くの超大変)4本とも長くして全てに銅ワッシャー入れてその後SUSワッシャーで長ナットで締めてました。
銅ワッシャーは一回締めるとナットの当たり面が荒れて再生できないのでSUSワッシャーで保護(笑)
タペットの工具はカブ系専用品を使ってましたが今でも探せばあると思います。私は隙間をEX0.1、IN0.08位にしてたと思います。広くするとタペット音は煩いですがレブが遠くなります。
ダックス6Vベースで85ccキタコ凸ピストン、デイトナ楕円ポートヘッド、VMキャブ、自作軽量ロッド&フライホイール、旧タケガワの猛烈に早いポイント点火用タイミングプレートを使って機械式回転計で1.6万rpm/120kmで初めてライバルのRZ50改をぶっちぎれた良い(悪い)思い出があります(笑)
カブ系エンジンは究極の傑作エンジンだと思います。
ホンダ総一郎万歳!!
投稿者:おかんの頭の頭
かまの@Appia Terza Serieさん
流石6つ穴同士!(笑)
明日朝一番に是非!

ってAPにもあるのかな?
ご丁寧にソケット8mm&9mmの2種類ついてですから、買わなきゃ損。

見た目が最優先な私より(大笑)
すぐ見た目から入るワタクシは、
このタペット調整ツールが、

猛烈に欲しい(笑)

明日にでも近所のAPに行きそうです。
500円の金券があるし。

http://cafepresto.cocolog-nifty.com/
投稿者:おかんの頭の頭
やぎさん
仰るとおり!
いっそハンターのみにしちゃおうかな?
っと思うほど、ノロマなんだけれど手放せなくなっております。

ってのは先日届いた3通の納税書が原因だったりしますが(汗)
投稿者:やぎ
小さいエンジンは簡単に調整できるし、勉強になりますね〜!?
 
昔モンキーでエンジンを覚えましたよ(^_^)v
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ