60歳からの知恵と体験の交流誌「さすが&されど」。シニアが主役の投稿誌です。http://www.hongopub.com/

2010/4/27

〈お好みエッセイ〉奇跡のめぐり会い  シニア


〈お好みエッセイ〉奇跡のめぐり会い/牧野恵子

 地元の旧家で有名な「おもだかや」さんに、一人の女性が展示品を見に立ち寄り、「これと同じ鮎の絵を持っているのですが、これはどなたが描かれたのですか?」と尋ねられた。奥様が「ああ、その絵は、祖父が教えて描かれた名古屋の籏さんという方で、郡上出身であちらで手広く事業を営み、趣味で描かれた絵だと思いますよ。そこの『団子家』さんは娘さんで、本など書かれたりで頑張っておられますよ」と教えると、
 「エッ、あの『団子屋』さん、娘さんなんですか?」と驚き「その方と連絡できますか?」と。そして、かかって来た電話が、私にとって奇跡の巡り会いの始まりだった。
 その夜、店の横で会うことにした。40代と思われる女性は前に座り、私の顔を見つめ「すいません。私もあなたのお父さんの娘です」と一言。私は目が点になった。息が止まる思いで「何をバカなことを言ってるんですか! 私をからかっているの」と怒ってしまった。
 「何を言われても、私も健二の娘です」という。見開いたままの目で見ている私。なんと父の仕草に似ているではないか! 頭の中が真っ白になり、自分がどうなってるのか、動転しているのがわかった。
 「何も聞いたことないよ。どうなってるの、ウソでしょう! 本当なら早く早く話して」と矢継ぎ早に聞いた。すると、中学3年ぐらいまで出入りしていた父は、自然に遠のき、来てくれなくなった。それから、母子2人でひっそりと頑張って暮らしてきた、という。驚いたことに認知はしていないとも。それを聞いた私は思わず手を握り、顔を伏せて泣いてしまった。なんと、私より寂しい人生を送ってきたこの子に、何の躊躇もなく涙が出てしまった。
 「それじゃ、同じ父の血が流れている姉妹じゃないの」と髪をなでてやりながら、不思議で奇跡の出会いを大切にしようと話し合った。とたんに、互いの身体に流れる血が一つになるのを感じ、細かく話さなくとも父の話しで血のつながりを感じ、私の人生、なんと不思議なことばかりと、その夜は眠れなかった。
 「フィーリングが合わなかったら名乗らず帰るつもりだったけど、あまりにも父に似ていてふっくらしていたので安心した」と言った。私も、父と同じ仕草をするのを見つめながら、DNA遺伝子とはこのことかと思った。
 父が亡くなったことを知り、その20日後に再会し、八事に眠る父のお墓参りに行くこととなり、母親のA子さんと会った。
 「ごめんなさい。許して下さいネ」と言うA子さんは70歳。私と8歳違いなので、話しは私の方がよく通じた。私達を許して下さり、ありがとう、と、何度も言うA子さん、こんないい妹が出来たことがうれしくて、よく頑張って生きてこられたことに敬服しないではいられなかった。
 別れた後の父の様子など、今まで知らなかった父の話は尽きなかった。そして、悲しい事件が多い昨今だが、これから先の方が短くなった人生を、より仲良く助け合おうと話した。
 こんな奇跡的な巡り合いは、きっと、七回忌を迎える父が赤い糸で結んでくれたのだと信じている。苦しく悲しい思いもした妹は、47年間の重みがスーッと抜け出した思いで、生きて来て良かった、と泣いた。なぜ、こんなに悲しい思いをさせてしまったのか。父の過去をめぐる先妻後妻と両方の子ども、手広く大きくなった事業との狭間で男の身勝手から来る女性関係。どこにでもあるようなことだけども、なぜ、認知してやらなかったのか? と、それだけが恨めしく思える。
 この出会いを巡る2人の思いは、私に託した父の最後の頼みだったのか? 無責任にも見捨てた償いを、私にいざなうように縁を結んでくれたのだろうか。走馬灯のように回るこの思いは、今の私にまた一つの試練を与えたのか。忙しさと、子育て(孫達)とで挫けそうな時もあったけど、また、身体の細胞が元気になった思いがする。
 「お姉さん、このように呼べる人を私の人生に引き合わせて下さった全ての縁に感謝しています。その縁の全てが不思議で奇跡です。縁を信じ素直に心を委ねて良かった。お姉さんに会って実感しました。お姉さんの涙と手の温もりにお姉さんの全てを感じました。出会うべき人には出会うべき時に出会える。今、新たな人生のスタートのように感じます。私は確かにいます。お姉さんもいます。お互いが過ごして来た年月から紡ぎ出して来た真理も確かです。これから私達のファイトで、最高の人生を目指そう。もう寂しくないぞ」とメールが来た。父が姿を変えて出て来たように思われて仕方ない、うれしい。奇跡の出会い、新しい人生の始まりです。
5

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ