60歳からの知恵と体験の交流誌「さすが&されど」。シニアが主役の投稿誌です。http://www.hongopub.com/

2010/6/2

〈特集A私の宝もの〉  シニア


〈特集A私の宝もの〉父の玉手箱/海老沢久子

 ある時、押入れの上の物入れの中を覗くと、少し黒ずんだ桐の箱が、奥の方に大切に保管されていた。私は、玉手箱を探し当てたように胸がときめいた。中を開けて見ると、そこには歳月を経て茶色く変色した、もう用済みの古い土地の権利書や預金通帳が何冊も出てきた。昭和11年〜12年の宮田自転車の抽選販売御通帳。自転車1輪52圓。毎月の掛金3円50銭。私が誕生した年だから、今から73年前の値段である。
 現代でも10数年前と比較すると、自転車も大分格安になってきたと思う。この間、娘がかご付きの自転車を購入したが、普通の品物で3万円以下で買えた。73年前と比較すると、約5百倍だろうか。現代では手軽に手に入る自転車だが、その当時は貴重な物であったことが、この預金通帳から察しが付く。
 亡き姉の名義のダルマ貯金。田無國民學校兒童國民貯蓄組合、この長い旧漢字の下には「塵も積れば山となる、貯金は身の爲、國の爲」とある。毎月の掛金は5圓43銭。姉の誕生日から逆算すると、12、13歳だろうか。証書の裏の「要約」には、「戦時財政經済政策ニ協力シ組合員一致団結シテ貯蓄報國ノ實の擧グルヲ以テ目的トス」とあった。
 この時代の背景には太平洋戦争があり、国民が一丸となって勝利を信じ、努力を惜しまなかったようだ。それを表わしたのが、学徒出陣。「太平洋戦争下の1943年、労働力不足を補うため、学生、生徒に対して強制された勤労動員、戦争の深刻化につれ1944年には、学徒勤労令が出され、中等学校以上のほぼ全員が軍需工場などに動員配置した」(広辞苑)。
 姉の思い出のアルバムの中にも、矢羽根の絣のモンペに筒袖の上下、胸には氏名。少し大人びた姉の写真が残っていた。その他、父の名義の興亞貯金通帳の月掛け預金4圓弐銭。昭和16年頃のものや青果物通帳などが何冊も収まっていた。
 父は骨身を惜しまず働き、こつこつと預金をし、そんな汗の結晶の結果得たお金で、土地を毎年僅かずつ殖やしていった。父の生き方の痕跡を、この眼でこの玉手箱から実感した。また、父の三十三回忌の法事の席で、市会議員を何期も務めた親戚のMさんにお酌をしながら、「Mさんも男の夢を実現したが、父も形は違うが、男の夢を実現することが出来たと思う」と、父親っ子の私は失礼なことを言ってしまったことがある。お酒は嗜む程度、旅はしない、実直で働き者だった父。「何が楽しいの」と思っていたが、男の夢とはそんなちっぽけなことではない、と女の私にも多少なりとも理解できた時だった。
 父の玉手箱の中には、ダイヤも宝石もきらきら光る物は何一つ入っていなかったが、着流し姿の若き日の写真が発見された。娘はおもむろに、長男と次男を2で割ったような顔だとの感想であったが、歳月は川の流れのように早く、もう来年は亡父の五十回忌に当たる。私は思い出を綴ることが出来、何よりの供養と自己満足しているが、亡父はきっと苦笑しているだろう。私は、またそっと、玉手箱の古い桐の箱を元に戻しておいた。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ