2012/3/15

ライムンド・オルシ  

長い歴史を持ち、多くのタイトルを獲り、数々のスターを抱えてきたクラブで
あるため、黄金期と呼べる時期も複数存在する。その中で第一期にあたり、クラ
ブ史上初めて、ユベントスという名前をイタリア全土へと知らしめたのがこの時
代であろう。1928年のアムステルダム五輪で準優勝したアルゼンチン代表チーム
から、まず、1929年にライムンド・オルシが加入する。ユベントスはこの小柄な
左ウィングの活躍で、1929-30シーズンこそ若きジョゼッぺ・メアッツァ率いる
インテルの後塵を拝するが、1930-31シーズンには通算3度目の優勝を飾る。


hug
バイマイメロディー
二人の迷路
アオイトリ
affair
Stay With Me
ドシャブリ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ