2012/1/18

光るホチキス  

昨日 ホチキスにインパクトバッツテリー(圧電素子)を仕込み、ホチキスをガチャンと
握るとLED2個が交互に光るものです。
ホチキスを使うたびに光っても何の意味があるのでしょうかと自問自答しても?ですが。
使うと光るホチキスは、将来、発電した電気を蓄電し、その電気で針の残量を表示、または
残りがわずかになるとLEDが光るなどの進化の姿が予測されます。
この方向が正しいかは別として、「ホチキスの電子化」は間違いありません。
そこに大きなビジネスが生まれます。
商品開発とは、このように電子化が無関係な物に無理やり結びつけることで意外と面白いものが生まれる可能性があるのです。これは大切なポイントです!!
未来の生活を予測するにはこの発想が不可欠です。
私の毎日は、この種の発想の連続です。

0

2012/1/13

エキスパートは蛸壺  

人は生涯の仕事を求めて、自分の専門職に就きます。
専門家をその道のエキスパートといい意味で呼びますが、専門家になるということは反面、
自分の能力の限定化を意味します。自分の能力を100あるとすれば、専門家になること10か20ぐらいしか能力を発揮させないことになります。
つまり、専門という蛸壺に入り、安穏と生涯を暮せる保障をとりみたいなものです。
人は、自分の能力のごくわずかしか使っていません。
蛸壺はたくさんありますので、一つの蛸壺にこだわらないことをお勧めします。
0

2012/1/11

知識 実識 想識  

知識とは、人から、本から、メディアなどから得た情報
実識とは、自分の足で、目で確かめた自信を持って人に伝えられるリアリティーのある情報
想識とは、未来の次に来る局面を想起し、シュミレーションし、自分の頭で組み上げた未来想定情報。
知識を得ることばかりに時間とお金を浪費する人が多い中、実識と共に、未来に向けて人に頼ることなく、自力で未来に向けての情報を創り出すことにもっと目を向けたい。今の人は知識欲が強く、博識を誇る傾向にあるが、博識も自分で構築する想識で満たしたモノでありたい。
知識とは、社会からの情報的負債(借金)だと言える。知識が増せば増すほど負債が膨れ上がり,返済不能状態になる。つまり、知識という入力があればそれに応じた出力がなされないと、脳活動のバランスシートが崩れることになる。知識というものは、確かに日常的に役立つものだが、知識を得た分の見返りとして世の中に対し負債(利子を含め)の返済義務を怠っていることに気づいてほしいものである。
0

2012/1/5

今年のテーマ  

2012年を迎えました。久しぶりのブログでスイマセン。本業が忙しかったのが言い訳です。
今年取り組む大きなテーマに、災害地で使用するヘルメットの通信システム開発です。
ZIG BEEを使用した無線通信と携帯を使用した通信システムです。携帯はブルートゥルースを使用し、イヤーフリーで通信できる画期的なシステムです。
そこで問題があります。地震や津波などによる大規模災害が起きると携帯が使えなくなります。それが携帯の弱点ですが、こうした時こそ使える保険としてのサブ通信システムを各エリヤ(市レベル)で確立することです。これはNTTなどと組む必要があります。
サブ通信システムとは通常の通信回線とは別に切り替えるとそのエリアだけで通信できるシステムです。
幸い、NTTとのコネクションがあります。そのルートを生かしてチャレンジします。
「イヤーフリー」は今年のキーワードです。自転車乗りながらヘッドフォーンは法律上聞けません。耳がふさがらないで音楽が聞こえる技術開発がやはり今年の大きなテーマです。
0

2011/11/16

最近の若者  

昨日(11月15日)朝の9時過ぎ吉祥寺駅で、階段からホームに出たところ。大変な光景に出くわしました。高校生の女子ですが、電車を待ちながら白線の上で湯気の立つカップラーメンをすすりながら食べていました。異様な光景でわが目を疑いました。
朝の混雑する中、ひと目を気にせず、食べられる無神経さにはあきれるばかりです。
この光景を見ると世も終わりだと思うばかりです。電車の遅延で、来る電車をあきらめ。井の頭線に向かい、そのあとどうしたのか解りませんが、あのまま混んでいる電車には乗らないと思いますが。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ