2011/10/28

想考匠試塾の開塾  

現在 圧電製造の会社の製品開発をお手伝いしておりますが、TBSの報道特集でこの会社の製品紹介が11月19日に放映されます。この会社の再生をかけて、この数年間、ボランティアに近い形で協力してきましたが、その成果がそろそろ世に認められるようになりました。私の再生プランをもとに、この会社が再生すれば私には大きな自信につながります。
私が手をかけた会社は必ず、社会の注目の的になりますともう断言できます。
これを機に、私を必要とする企業の再生にまい進します。
想考匠試の塾も近い時期に,開塾し、全国から次代を託せる人を育てていきたいと考えています。
0

2011/10/16

北朝鮮工作船に驚く  

横浜の赤レンガ倉庫のそばに海上保安庁の施設があり、北朝鮮の工作船が展示されています。8年前ぐらいにこの工作船との銃撃戦がTVで放映され驚きましたが、その船が引き上げられ、横浜で見られるとは知りませんでした。
全長25mの長さンぽ漁船を装った工作船ですが、その船体の中に小型ボート(7m)を格納しており、船尾が観音開きのゲートから出し入れができます。ソ連製ディーゼルエンジンを
4基載せており、とんでもないスピードを出せます。機関銃や通信機器も併せて展示されており、007的世界をこの目で見られるのは感激です。平和ボケしている日本人全員が見るべき工作船です。
0

2011/10/16

香港からの注文品が届いた  

香港から、ネットで注文した無線通信のデバイスが届きました。
購入した金額は約60ドルですが、箱に貼られた税関向けの書類には18ドルの金額で、商品名も別の商品名でギフト用と記してありました。
これは、関税の負担を免れるように香港のメーカーの配慮でしてくれたものです。
2度、注文しましたが、同じように注文品を送ってくれ、税金を払っていません。
感激しました。

そして、何よりもうれしいのは、航空便の代金が先方負担なのです。
日本では宅配便代、代引き代を必ず所為払いますが、商品代のみで海外から商品を取り寄せるシステムは素晴らしいことです。
アメリカやイギリスから商品を取り寄せますが、航空便代が商品代と同じくらいとられます。
0

2011/9/19

高尾山ぶらり旅  

昨日(18日)、高尾山に行きました。稲荷山コースを登りましたが、渋滞気味の賑わいです。約1時間で頂上に到着しましたが、弁当を食べるスペースがないほどの混雑ぶりで早々に下山しました。山ガールが増え、最近は若い女性の派手なファションを楽しめ、昔とは全く風景が違います。一人で登るのは気ままでいいのですが、やはり若い女性が混じったグループで山登りが出来ればもっと楽しくなることでしょう。もうないかもしれませが・・・。
それにしても高尾山山頂のお店の繁盛ぶりを見ていると大変な売り上げだと思います。
商売やるなら、高尾山山頂をお勧めします。何しろ並ばないと買えません。
高尾山以外に足を延ば差なければと思うのですが、一人の山行はさびしいもので、つい近場でお茶を濁してしまいます。
0

2011/9/2

雨雲の異様な黒さ  

雨雲の黒さについて
雨雲でも真っ黒に近い雨雲が見受けらえます。理屈は太陽の光が厚い雲を通過する際、水の粒子に乱反射し、光が届かなくなり結果として黒く見えるわけですが、どうもあの黒さには雨雲特有の理由と異様なものの存在があるように思うのです。そうした疑問に答える回答はネットでは見受けられません。今後も、この疑問の答えを探索します。無駄な徒労になるかもしれませんが。
ところで、光悦が「暗雲の黒さ」の名で黒楽抹茶碗を製作しております。茶道の世界では
よく知られているらしいです。裏千家の今日庵でお茶(400年前の茶碗で)をいただいた私ではありますがこの話は知りませんでした。
光悦には、奥がましいのですが、私と同様、雨雲の黒さの異様な魅力(何かがあるという)に惹かれ、その茶碗を制作したのでしょうか。光悦が腹を立てるかもしれませんがね・・・。
というわけで雨雲の黒さに、趣を感じる光悦の感性は改めて感服いたしました。
私は、その趣の根源をつきとめます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ