ファミリーサルーン現る!  トラックネタ

先週の土曜日のこと、岡山県トラック協会によるイベントがあり、そこにアート引越センターのバスの形をした引っ越し専用車が来ると聞き、ちょうど月1回の土曜休みだったので現場に急行してきました!


それでは・・・・

ドーゾ!
クリックすると元のサイズで表示します
アートコーポレーション PJ−FM62FZ

正面から見ると、まさにエアロクィーンTに見えますねぇ。バスではなくトラックなのでフロントの行灯のところに冷却用のエアインテークが備わってます。

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、現場に出向いたのは昼過ぎで、イベントも盛況を呈してまして型式写真はムリ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

リアもこんな感じでイベント真っ最中・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

なので、諦めて一旦帰宅したのですが、もう二度と目にかかることもない可能性が高いので、型式写真を撮るためにもう一度出向きました。

ここで、この車両の解説を。

パッと見、エアロクィーンベースに見えますが、ベースは三菱の中型トラック・ファイターなんですよ。つまりはバスで言う大型車幅のMMといったところでして、エンジンも同じ6M60のインタークーラーターボ付270psなんですね。積載量もわずか2.2トン・・・といっても1家族の引っ越し分なので重量的には標準のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

車体中央部にドアがついており、お客さんはここから乗車します。

クリックすると元のサイズで表示します

車高はスーパーハイデッカーと同等なので、それなりの段数の階段がついています。

クリックすると元のサイズで表示します

ココにもトランクがあり、車いすを格納できるようになっています。なぜ、車いすがあるのか・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側に電動リフトがついているんですね。足腰の弱いおじいちゃんおばあちゃんもコレで楽々乗車でき、家族みんなで利用できるんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろから見ると、トラックそのものですねぇ。ちょうど車体半分でバス部とトラック荷台部が分かれてます。荷台はパブコ製保冷車用が採用されてます。


それでは中をちょいと覗いてみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

客室内は観光バスのサロン部のような感じで、天龍製の足踏み式自動回転シートに、サロンテーブル、液晶モニター、冷蔵庫が備えられてます。正にファミリーサルーン!!

クリックすると元のサイズで表示します

客室と運転席はアクリル板で遮られており、フロントビューも確保されてます。運転席はまんまトラックですねぇ。


クリックすると元のサイズで表示します

最後に何とか順光で捕獲!

クリックすると元のサイズで表示します

リアスタイルも。


ちなみにこの車両は香川ナンバーで香川の営業所に配備されているそうです。


私は一戸建てを建てたので、何らかの転落人生を送らない限り引っ越しをすることはないと思うので、利用することはないと思うのですが、一度お客として乗車してみたいですねぇ(笑)。
14



2015/10/30  22:43

投稿者:やんたけ

>こうちゃんさま
図鑑や絵本系に昔からよく出ていますよね。

2015/10/28  18:08

投稿者:こうちゃん

ちなみに先代はネオプラン製でしたはたらく自動車の図鑑で見た記憶があります

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ